スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい8月の渓

勾配のある林道を約1時間半 車屋と歩きました。
目的の入渓点に到着した時には二人共ヘロヘロ とにかく暑い。
いくら速乾快適ウェアを身に付けているとはいえ きつい道中でした。
心拍数も上がってこんな時は何か失敗をやらかすのはいつものです。
特にやってしまうのがリリアンにチチワ、投げ縄を結ぶ時にポキッと!
二人してギアを脱ぎ泳ぎましたよ。クールダウンし 少々釣り欲が湧いてきましたが
こんなに王滝って暑かった?泳いでいる最中も普通でしたら冷たくて2~3分が限界。
開田の奥が正解だったのかも?で
P8041219.jpg
良さそうな場所は餌の友人に先行してもらい 上の空の私は次の川に頭が飛んでいますし
彼の目印を眺めているのが殆ど。
結果、二人で12㎝が4尾、パーフェクトゲームをくらいました。
何をやっても駄目、毛鉤を見に来る魚もハヤの子供の大きさ。
涎が出そうなパーティースポット、ここは何らかの反応があってもいいのですが?
P8041208.jpg
早々切り替え 滝越辺りの支流にと 停まってる停まってる、相撲(相模)失礼、ナンバーが。
早めの前倒し夏休みでしょうか?もうここで疲れ切りがっかりですけど 県外の人に盛り上げていただかないと長野県の漁協は衰退してしまいます。
これは車屋くん 5年前 交通事故に遭い 今夜家族を呼んで下さいと告げられ。香典いくらにしようかと。。
それが何故か今 岩魚を釣っている 三途の川を渡らず木曽の川に戻った 不撓不屈?屈強な男です。

P8041220.jpg
帰りに本流も観てきましたけど 渓流魚の住める水温では無く
空には危ない雲 早め撤退は正解でした。
余り経験の無い土砂降り、落雷、美味しそうな夕まずめにつられ 残っていましたら アウト帰宅出来なかった事でしょう。
高地のもろこしを近所に配りで焼酎一杯で落ちました。
今日、明日はアマゴの放流があります。放流直後でも アマゴは簡単に釣れますし 低地の川ですのでお子さんでも大丈夫ですよ。お盆にはヤマト岩魚も落ち着いて食ってくるでしょう。
夏休み満喫してくださいね。


スポンサーサイト

巻いても巻いても治らない病気

毛鉤巻きのハックルやヘッドのフィニッシュにセメントも使用するのですが 揮発してきますとシンナーで薄めて好みの粘着度にします。
今まで何本も しかも買ってきたその日にやってしまう。
再現した写真ですけど ちょっとした事でこぼしてしまい 夜中にシンナー臭で何度も起きました。
翌日は胃が痛いし 頭もボーっとしていますし。大事な書類もバリバリにくっついています。もう少し触れても倒れないボトル形状で販売して欲しいが。便利物を買ってきました。
TMCのアプリケータージャー、ジャーといえば私の世代は象印魔法瓶 いわば接着剤を貯めて置く豆タンクですね。
P7251203.jpg
台座も広めですし 上の白い棒状はニードルとなっています。
使用後には強く押し込めば揮発も防げます。倒しても中身が流失せず
悲しい悪夢から救ってくれていますので 魔法にかかっている間は大丈夫。

御嶽ダブルヘッダー

明らかに魚が枯れてきた大又を離れます。
本来ですと隣のホーム溝口なんですが ここも多分同じだと判断
温泉より上ですと なぎ倒された倒木で行きも帰りも大変、新しい熊の痕跡もいつ行ってもありますし。
ブナやナラ、クヌギが実を落とす秋の最終、長雨の後が狙い目でしょう。
とにかく王滝温泉からは異様な世界、熊鈴の音も聞こえずに。。
その隣の鈴ヶ沢に、本流出逢いから林道を登り30分位でゲートに到着です。
P7151202.jpg
本来はこのゲートを歩き上流からの釣りが楽ですが しょうがなく法令は守ります。
P7151193.jpg
水がどうのは関係無く堰堤が連続は疲れます。
高巻き、高巻きの連荘で。
P7151200.jpg
晴れ間に騙されレインギアを持って行かず 土砂降りに遭い びしょ濡れ 上に詰めなかったのは良しかもです。
何故か苦手な堰堤のテンカラは好調でしたが アマゴをここの地点で釣ったのは過去にありません。
P7151188.jpg
目の後ろ 尾びれ迄朱点がありますし ありゃら~アマゴをこんな上流迄放流するのかね?
それとも 近親交配なのかなと?謎、不思議な王滝でした。食べごろの岩魚は今日は全てキープ 塩焼き、やはり旨いですね。
P7151201.jpg

御嶽ぷらぷら

こなき爺の転院で地獄の週初め
王滝に車屋と、くたくたで 近場が良かったのですけど 道中後輩はもう王滝の支流数河川の話ししかしませんし。
夕方にはカウンセリングが待ち構えていますし しょうがなく 大又に。
P7151184.jpg
この時期はやはり釣りきられ 魚も薄くなっているのはいつもの事。
餌の後輩が5尾 提灯毛鉤の私が2尾 ものの1時間でしたが ブッシュで覆われた川 大水が出ませんので 餌釣りではここぞのポイントでは根がかりが多発して 車屋も大変だわ。
川を変え。続きます。

泣き面に蜂そして

庭の手入れもままならず 雨の合い間の早朝から。
椿に鋏を入れたとたんに腕にチクッと痛みが走り 薔薇か棘が刺さったと思っていました。
日が昇ってきて草刈り用の安物度入り偏光グラスがいけなかった
反射で何も見えず グラスを外し見渡すと蜂の乱舞。
チクチクにやられましたが ここは少し昆虫の知識が役立ちました。
足長蜂でしたので いくらでも刺してくれ!顔は勘弁かな?

近所にも迷惑ですから 殺虫剤で駆除するつもりでしたが昔で言う益虫、団子にし何かを丸め幼虫に与えていますし、これは殺せない。 短パンで出て行きますと薮蚊に刺され ポイゾンリムーバーの出番となりました。
刺されてプクッと腫れてきましたら 蚊が吐く痒み成分を残す物を吸い出す。
これは流石のグッツといいますか?毛穴から上手く吸い出しますと
痒みも無くなり 若い女性にはパンとお奨めですね。
掻き毟り赤くなった足は可哀そう。蜂よ!薮蚊食べてくれィ!
P7011184.jpg
これ!高温多湿の国ではどこの家庭でも必携でした。
プロフィール

テクニカルゲーム

Author:テクニカルゲーム
渓流王国信濃から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。