スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014オーラスのテンカラ

ホーム王滝 開田が大変な事になってしまい
被害に遭われた方々に心よりお悔み お見舞い申し上げます
早朝自宅上空を一路 御嶽に向かう プレスと自衛隊のヘリの爆音で目が覚め
道中のニュースで岩魚の養殖業者が 灰の影響で エラ呼吸の魚が心配だと もらしていました
DSC_0556_convert_20140930125216.jpg
梓川本流 支流にやってきました
P9300625.jpg
P9300628.jpg
乗鞍の前川辺りも考えましたが 長野がこんな状況の中 熊にやられても 誰も助けに来てくれない
P9300631.jpg
結局10時迄に すっかり梓の住人となった ブラウンが数尾出たのみで 自分達の間では数に入らない魚 今年最後の渓流は外来魚での締めでした
登山も釣りも所詮遊び 予測が出来ない危険がいっぱい
峠の沢迄行く元気も無くなり サウナに入り納竿。。 




スポンサーサイト

久しぶりの毛鉤巻き

最後に行けるかどうか未定ですが ライオンのタテガミ色を5個
サイズも14番と弱気ですが これが樹木に食われたら納竿
どのみち 午前中迄しか時間が取れないので 5個で充分
余り使用しない こぶりな毛鉤だが 胴に鉛の爆弾を仕込んであるので
どんな状況にでも 対応してくれるかな?


炸裂の王滝川支流

開田に行こうかとも思いましたが 混雑が予想されるので 王滝の支流です

ここも渇水で どうかな?ですが 渓峰3.3にトントンのシステム
P9230619.jpg
頭上は開けているので 立ち位置を落ち着いてゆっくり決め バックだけ気を付ければ充分テンカラが成立しますが
入渓30分経過しても 何も無し 山奥まで詰め又こんなので終わるのか?といろんな思いが錯綜したが
P9230614.jpg
P9230618.jpg
やっと茶系のドライで一匹掛けた後は爆裂でした 瀬は全く反応が無く やはり岩魚のポイント
一つの岩で一尾のみですが この時期にこんなに毛鉤で掛けた記憶も無いし 昔の梅雨時の大釣りより多分出たかも?
P9230620.jpg
上流迄行こうかとも考えたが この小さな淵でまた連発 暗い沢用の偏光でも魚の姿は見えなかったが
底から岩魚が突進してくる 黒い弾丸が岩影から毛鉤にまっしぐら透明度も高いので非常に面白い 今日は上に行くに従って錆の魚が増えました
P9230624.jpg
コンデジの設定が悪いのか?ブレブレで何だかブルーな気分ですが
秋晴れの木曽 振込みがきついこんな源流でこれだけ出れば最高!
 






オーラスの北安曇

時期的にどこの河川も厳しいと思うが 鹿島川上流から
水が殆ど無く高い透明度 全く生命感が感じられず
昨年の最終日に尺岩魚を掛けた場所も不発
P9190592.jpg
P9190593.jpg
川通しをすれば幾らか逃げて行く魚が見えるのですが 何もイッサラサー
1時間で見切りました
P9190596.jpg
車に戻ると シャーシャーと森の住人が威嚇してきました 見えずらいですが真ん中 カモシカです
P9190599.jpg
10分程で篭川に到着しますが 通年ゴウゴウと流れているのに ここも渇水
堰堤用のBH毛鉤は持ってこなかったので 大岩の反転流勝負
P9190602.jpg
これが本日の最大魚!寂しい 上に釣り上がるに従って反応も増えましたが
熊の新しい足跡も確認でき 単独なのでお昼には納竿 猿を横目に山栗を拾い
今年最後は木曽で締めますが きっと厳しいんだろうな!

スマホ

設定に少し時間が掛かりましたが 普通に
パソコンが出来れば サクサクでしたよ
  カメラも今迄の携帯とは 段違い!

ラス前の木曽

今日は何処も駄目 お昼迄しか釣りをしている時間が無く
P9090588.jpg
開田から始めたが豆がちらほら
P9090590.jpg
帰り際に寄った正沢も 幼稚園で
P9030584.jpg
キンパクも鬼チョロも旅立ってしまい 寂しい感じです
P9090591.jpg
開田のもろこしも 今年は食べて無かったので 破格値で買ってきました
湯がくより 電子レンジで2分が楽チン。。

魚道を遡上する銀化山女魚

奈川の金原の砂防堰堤です
P9030581.jpg
高さが18メートルもあるので トビウオでも超えるのは厳しいか?
P9030580.jpg
P9030579.jpg
堰堤脇に水路の様に魚道が造られ 産卵場所を目指すサクラ鱒を妨げないように施工してあります
P9030578.jpg
アクリル板越に魚も観察でき 感動しますね 卵焼きと焼酎で一日ここに居たいP9030582.jpg
この日は大型の個体は観れなかったが 9月中頃が旬 ここまで上ると鰭も鼻もボロボロだが
まっしぐらに 上流を目指す姿は圧巻です

梓川 本流 支流

やっと時間がとれたので 行ってきました
DSC_0546_convert_20140903135946.jpg
白骨温泉から流れる湯川
33の竿に34の短仕掛けで 今日は水面を意識しドライな毛鉤
殆ど樹木に食われる事も無く 軽快に釣り上がるものの
出る魚のサイズが 新子ばかり 金太郎飴の様に!
P9030573.jpg
P9030567.jpg
沢山掛かるのはそれなりに楽しいが 毛鉤のサイズを上げても何ら変わりなく 梓川本流 沢渡に下り
38の竿に切り替えおそらく30匹程が水面に出ましたが 最後はリーダーのフロロがボロボロ
夏休みに大半が抜かれ 放流の山女魚のみ
 目的の岩魚が釣れず いつも出るブラウンも何故か知らんぷり
何だかなァ!とも思ったが 上高地から流れ出る 爽快 不快指数ゼロのテンカラ釣り
明日からまた 戦争なので 本日はこれで良しだ。  
P9030570.jpg
P9030575.jpg
P9030571.jpg





プロフィール

テクニカルゲーム

Author:テクニカルゲーム
渓流王国信濃から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。